アコースティックギターとクラシックギターの違いって何?

スポンサーリンク

アコースティックギターが欲しくて楽器店やネットショップで探している時、「クラシックギター」という名前のギターを見かけたことありませんか?

「見た目は似てるけど、何が違うのだろう?」

「どうやって見分けたらいいの?」

そんな疑問を解決すべく、今回の記事では「アコギとクラギの違い」について解説していきます。

アコギとクラギ間違えて買っちゃった!なんてことが無いように、理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アコギの特徴

アコギはこんなギター!

  • スチール(鉄製)の弦を張っている
  • フォークギター、スチールギターと呼ぶことも
  • ポップやロックなどのジャンルで使用
  • 音はやや大きめで力強い響き
  • 弾き語り・ソロギターなどコード弾き、単音弾きなど万能にこなせる

スチール(鉄製)の弦を張っているよ

木材を張り合わせたボディにスチール製の弦を張ったものがアコースティックギターです。

弦の材質は、銅とスズを組み合わせた「ブロンズ弦」、銅に少量のを組み合わせた「フォスファーブロンズ弦」、上記2種類の弦の表面に特殊なコーティングを施したものを「コーティング弦」と分類します。

⬇コチラもあわせて読まれています

【2022年】アコギ弦のおすすめ7選丨選び方や種類、メーカーも解説!
アコースティックギターを演奏するうえで必要不可欠な弦。アコースティックギター用の弦と一口に言ってもエリクサーやダダリオ、マーチンなどのメーカーから素材や太さが異なるものや、リーズナブルな物から高価な物まで展開されており、初心者はど...

本来アコギとは、フォークとクラギの総称

正確には「アコースティックギター」という名称は、「フォークギター」と「クラシックギター」の総称ですが、本来の定義とは意味合いが時代と共に変わりつつあるので、

現在は「アコギ」=「フォークギター」という認識で問題ないでしょう。

力強さ、繊細さを併せ持つポップスやロック、ブルースなど万能にこなせるよ

クラギに比べると迫力のある張りのある力強いサウンドが特徴で、はたまたボディサイズや弦の種類を変えればソロギターやアルペジオ向きの美しく繊細なサウンドもお手の物。

ポップやロック、ブルースなど様々なジャンルに適している万能な楽器。

⬇コチラもあわせて読まれています

【2022年】3~5万円で買えるおすすめのアコギ(エレアコ)丨初心者向けやメーカーを解説!
「アコースティックギターを始めてみようかな?」「5万円で買えるアコギってどんなメーカーの製品があるんだろう?」この記事はそんな人に向けて書いています。5万円で買えるアコースティックギターは「ヤマハ」「エピフォン」「...

クラギの特徴

クラギはこんなギター!

  • ナイロン製の弦を張っている
  • 別名「ガットギター、ナイロンギター」
  • クラシックの演奏で使用
  • 音は小さめで優しい響き
  • ソロギター、アルペジオなど単音弾きに向いている

昔は動物の腸(ガット)を素材とした弦を使用していた

クラシックギターはその昔、動物の腸(ガット)を素材とする弦を使用していたことから、「ガットギター」と呼ばれるように。

現在はナイロン製やフロロカーボン製を使用しているよ

現在はナイロン製やフロロカーボン製(釣り糸と同じ素材)の弦を張ったものが主流で、「ナイロンギター」とも呼ばれます。弦がナイロン製で、その柔らかさゆえにテンション(張り具合)はやや弱めで弦は押さえやすいものの、音は小さめ。

クラシックの伴奏に使う楽器で、美しく艶やかな音色が特徴

クラシックギターはその名の通り、クラシックの伴奏で使用する楽器で、ジャカジャカとかき鳴らすコード弾きにはあまり向かず、繊細なアルペジオやソロギターの方がクラギの柔らかく、艶やかな音色を活かせます。

結局何が違うの?

大きな違いは「弦」ですね。あとはボディやネック、ブリッジなどがそれぞれの弦に適した構造になっている、って感じですね。

これさえ知っていれば、間違えて買ってしまうことはありませんね。

アコギとクラギ、どちらも魅力溢れる楽器ですが、それぞれの特性や自分の目的、プレイスタイルに合った方を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました