カポタストとは?正しい使い方と種類について解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カポタストとは?

「カポタスト」とは、任意のフレットに取り付けることでギターのキーを変える(移調する)ための便利アイテムで、略して「カポ」とも呼ばれます。

難しいコードを簡単なコードに切り替える事が出来るため、弾き語りなどの場面で重宝します。

スポンサーリンク

カポタストを使うメリット

カポタストを使うことでスムーズに転調が出来たり、簡単なコードになったりとメリットがたくさん。

具体的に見ていきましょう。

難しいコードを簡単に出来る

任意のフレットにカポタストを取り付ければ、演奏する曲のキーを手軽に変えることができるほか、本来のキーでは難しい「F、B」などのいわゆるバレーコード(セーハコードとも)を、「C、D、G」など比較的簡単なオープンコードに切り替える事が出来ます。

どういうことかと言うと、例えばこちらの曲の場合だと、カポタストを付けない標準のキー(カポ±0)では、

出典元:U-FRET様

↑赤マルで囲んだ部分、曲の最初のコードは「F」ですが、

↓カポタストを1フレット目に取り付ける(カポ1)ことによってキーが半音上がり、

出典元:U-FRET様

↑曲の最初のコードが「E」に変わりました。このように、カポタストを取りつけることによって楽なコード進行で演奏が出来ます。

これこそが、アコギ弾き語りにおいて最大のメリットと言えます。

演奏中の負担を軽減出来る

バレーコードばかりのコード進行だと、弦を押さえる指が痛くなったり、手首や腕に負担が掛かります。

Fなどのバレーコードは疲れる…

弾き語りというものは歌が「主旋律」で、ギターは「伴奏」です。

歌がメインでギターはあくまでもその歌を引き立てる補佐的な役割です。

そのため、メインの歌に支障を来さないようにギターの伴奏はなるべく簡単な方が良い、と言うのが私の考えです。

オープンコードの方が弦を押さえやすく、負担が少ない!

難しいコードに気を取られ、体力を奪われてしまって歌詞を忘れてしまったり、歌えなくなってしまっては元も子もありませんからね。

スポンサーリンク

カポタストを使うのは甘え?

たまにこんな事を口にする頭の硬い人が居ますが、カポタストを使って楽なコード進行で演奏する事は別に甘えなどでは無く、ひとつの手段です。

あえて難しいコードで演奏し切ったからと言って、演奏しているのは同じ曲ですので、それなら楽に表現出来た方が効率的だと私は思います。

ちなみにプロアーティストの方でもカポタストは普通に使っていますので、根拠の無い固定観念は捨てて、思いっ切り弾き語りを楽しみましょう。何事も楽しむことが本当に大事。

スポンサーリンク

カポタストの正しい取り付け方

カポタストは正しい取り付け方をしないと、弦が落ちてしまったり、弾いた時に弦がビビってしまうことがあります。

画像付きでわかりやすく、悪い取付け例、良い取り付け例を解説していきます。

︎︎︎︎︎︎悪い例1 : フレットから遠い位置に付ける

フレットに対してカポタストを取り付ける位置が遠いと、弦を弾いた時にビビりやすくなります。

悪い例2 : フレットに対してカポタストが曲がっている

フレットに対してカポタストが曲がっていると、上手く弦を押さえられずにビビってしまったり、音が不本意にミュートされたりします。

良い例 : フレットに対して真っ直ぐ、近い位置に付いている
  • フレットのなるべく近い位置に付ける
  • フレットに対して真っ直ぐ付ける

これらの2点を意識して取り付けることでカポタストを正しく機能させることが出来ます。

スポンサーリンク

カポタストの種類とは?

アコギ用のカポタストは大きく分けて5種類あります。

種類によって演奏性やカポタスト自体の使いやすさが大きく異なるほか、それぞれメリット・デメリットが存在します。

・バネ式
・レバー式
・ネジ式
・ベルト、ヒモ式
・特殊タイプ

ちなみにカポタストにもエレキギター用、アコースティックギター用、クラシックギター用、ウクレレ用など、主にネックの形状や太さの違いにより適性なカポタストが異なりますので、

「カポタスト買ったけどネックの形と合わなくて取り付けられない!」

なんてことが無いように、選ぶ際の注意点として知っておきましょう。

それでは個別に解説していきます。

バネ式カポタスト

出典元 サウンドハウスより

ネックに挟み込むだけで取り付けができるカポタスト。

スムーズに着脱しやすいのが特長で、ギター初心者の方や、曲が変わるごとに頻繁にカポタストを取り外しする方へおすすめです。

カポタスト装着中に、ややチューニングがズレやすいのがデメリット。

レバー式カポタスト

出典元 サウンドハウスより

レバーの開閉操作のみでギターのネックから簡単に着脱出来るポピュラーなタイプ。

エリック・クラプトン氏が愛用しているカポタストはこちらのレバー式で、チューニングが安定しやすいのが特長。

デメリットと言えば、他の取付方式のカポタストより高価な点でしょうか。

スポンサーリンク

ネジ式カポタスト

出典元 サウンドハウスより

ネジの締め具合を調整することによって、ネックの太さや取り付けフレットが変わってもしっかりと弦を押さえられるのが、ネジ式カポタスト。

チューニングも安定しやすく、比較的低価格で入手できますが、着脱に少し時間がかかるのがデメリット。

ライブなどで使用する場合は曲順などに工夫が必要ですね。

ベルト、ヒモ式

出典元 楽天市場より

その名の通りベルトのような見た目のカポタストで、ネックにグルっと巻き付けるようにして使用します。

カポタストの中ではかなり安価でデザインの豊富さ、見た目のオシャレ度は高いですが、チューニングの安定性や耐久性に劣るのがたまにキズですね。

カポタストの使用頻度が少ない方、オサレなカポタストが欲しい方にはおすすめ。

スポンサーリンク

ローラータイプ

出典元:楽天市場より

あまり見慣れないルックスですか、れっきとしたカポタスト。

ポップスをよく聴く方なら分かると思いますが、曲の途中(落ちサビや大サビなど)で転調する場合がありますよね。

このカポタストはその曲中で転調する時に大活躍するんです。

なんと、ネックに取り付けたままゴロゴロ〜っと転がすだけでフレットの位置を変えることが出来るスグレモノ。

変則タイプ

TONE GEAR ( トーンギア ) / SPIDER CAPO
出典元 サウンドハウスより

TONE GEAR ( トーンギア ) / SPIDER CAPO

複雑な見た目をしていますが、このカポタストはピンポイントでカポをON/OFF出来るんです。

使い方によっては独創的なサウンド、特殊な奏法、斬新で全く新しい演奏が出来るかもしれません。

スポンサーリンク

ほかのギターアクセサリーはこちら

完全オンラインのギターレッスンを受講してみませんか?

ギターを最速で上達したいなら

こんな悩みはありませんか?

  • なかなかギターが上達しない
  • ギターを教えてくれる人が近くにいない
  • でも教室に通うのは面倒だし、感染症が怖い

THE POCKETなら...

THE POCKET
THE POCKET

完全オンライン】ネット環境があれば、自宅などどこでもリラックスできる環境で受講可能!

THE POCKET
THE POCKET

マンツーマン指導】熟練の講師によるマンツーマン指導で上達が早い!

THE POCKET
THE POCKET

感染症リスク無し】教室内に密集することもないので、感染症に怯える必要はありません!

THE POCKET
THE POCKET

無料体験実施中】いまなら25分間の無料体験レッスン実施中!

タイトルとURLをコピーしました