【2022年】エレキギター弦のおすすめ!弦の種類と選び方も解説

【2022年】エレキギター弦のおすすめ!激安から初心者向け、定番まで
スポンサーリンク

エレキギターの弦はエレキギターを演奏するうえで欠かせないアイテムです。ひとくちにエレキギター用の弦と言っても膨大な種類があって、初心者にとってはどれを選んだら良いかわかりませんよね。

具体的には材質や太さ、巻き方などが異なり、価格帯もリーズナブルなものから高額なものまで様々です。

初心者にとっては、「なんでそんなに種類があるの?」と思うかもしれませんね。

実は弦の材質や太さ、巻き方が与える影響は大きく、サウンドの性質やピッキングしたときのニュアンス、弦の押さえやすさにも及ぶほど重大な要素です。

また、同じ弦を長期間使用していると弦が錆びてしまったり、弦が伸びてチューニングがズレやすくなるため、定期的に交換することを推奨します。

この記事では、エレキギター弦について以下の内容を解説していきます。

  • 弦の選び方について(素材、太さ、巻き方)
  • おすすめのエレキギター弦
スポンサーリンク

エレキギター弦の選び方

素材で選ぼう

エレキギター弦で使用している素材は主に「ニッケル」「ステンレス」「コーティング」の3種類です。

素材によって音のキャラクターや弦の耐久性などに影響するので、弦選びで注目すべき重要ポイントのひとつです。

バランスの良い定番の「ニッケル弦」

ニッケル弦
出典元 サウンドハウスより
  • エレキギター弦の定番素材
  • 初心者は迷ったらコレでOK

昔からエレキギター弦の定番として広く普及しており、芯線にニッケル線をぐるぐると巻いた作りになっています。

非常に柔らかく加工が容易で、ややサビに強い特性を持つ。

比較的安価なので特にこだわりが無ければニッケル弦でOK、というくらい定番の素材です。

シャープな音でさびにくい「ステンレス弦」

ステンレス弦
出典元 サウンドハウスより
  • シャープでエッジの効いた音色に
  • 使用場面は限られるが、一部のジャンルと相性抜群
  • ニッケル弦よりやや耐久性に優れる

ニッケルに比べて硬質で耐久性が高く、汗や汚れなどによるサビの影響を受けにくい弦です。

硬質的な乾いたサウンドが特徴で、カッティングなどのプレイやブルースロックなどのジャンルと相性のよい素材ですね。

耐久性重視なら「コーティング弦」

コーティング弦
出典元 サウンドハウスより
  • 耐久性を重視するならコーティング一択
  • 弦交換が苦手/面倒な人にもおすすめ

上記のニッケルやステンレス弦の表面に特殊なコーティング加工が施されたエレキギター弦。

コーティングによりツルツルとした滑らかな感触になり、フィンガリングやスライドなどがよりスムーズに行えるほか、汗や汚れに滅法強くサビにくいため、3~6ヶ月程度の長期間にわたって弦交換をせずに使用することが可能

毎日忙しい学生やサラリーマンにとって貴重な時間を1~2ヶ月に一度のペースで弦交換に割いてしまうのは勿体なく感じます。

ましてや錆びた弦の交換が面倒ゆえに、ギターの練習をサボってしまっては元も子もありませんね。

初心者にとっても弦交換は大仕事に感じるでしょう。単価はニッケル、ステンレス弦と比較すると高めですが、交換頻度をグッと抑えられるのは大きなメリットと言えます

スポンサーリンク

弦の巻き方で選ぶ

エレキギター用の弦は1~3弦は芯線のみ、4~6弦は芯線にニッケルやステンレス線がぐるぐると巻き付けられています。

この4~6弦に巻き付けている線には「ラウンドワウンド」「フラットワウンド」「ハーフワウンド」の3種類の巻き方が存在します。

巻き方によって音色やフィンガリング、耐久性などに影響するので、見落としがちですが意外と重要なポイントです。

明るい音色のラウンドワウンド

ラウンドワウンド
出典元 Amazon.co.jp

ラウンドワウンドは芯線に断面が円形の線をぐるぐると巻き付けたタイプで、音の立ち上がりが早く、高音域が強調されたきらびやかな明るい音色が特徴です

弦の表面はややデコボコとしているため、抵抗が少なく滑らかに運指がしやすい。

音の伸び(サスティン)も豊かで、単音弾きやアルペジオ奏法、ロックやポップスなど奏法やジャンルを問わず幅広く活躍します

スポンサーリンク

まろやかな音色のフラットワウンド

フラットワウンド
出典元 Amazon.co.jpより

フラットワウンドは芯線に断面が四角形に近い“線”が巻き付けられたタイプで、音の立ち上がりは緩やかで低中域が強調されたまろやかな音色が特徴

弦の表面がフラット(平ら)で接触面積が大きいので抵抗が掛かりやすく、滑りにくいのが難点ですね。

ラウンドワウンドより汗や汚れがスキマに染みにくいので、耐久性が高く、演奏後に乾拭きなどしっかりとメンテナンスをすれば非常に長持ちします。

ハイブリッドなハーフラウンド

ハーフラウンド
出典元 Amazon.co.jpより

ラウンドワウンド同様、芯線に断面が円形の線をぐるぐると巻き付けたあと、線の表面が滑らかになるまで研磨加工してフラットにしたタイプです。

ラウンドワウンドとフラットワウンドを掛け合わせたような弦で、それぞれの長所を兼ね備えたハイブリッドタイプといえます。

スポンサーリンク

弦の太さ(ゲージ)で選ぶ

弦のゲージには1~6弦全体の太さが異なる種類があり、ゲージによってサウンドや弾きやすさ、コードの押さえやすさなどに影響するため、弦を選ぶ際に最も悩みやすいポイントだと思います

それぞれの特徴を理解して、自分のプレイスタイルや求めるサウンドに合ったゲージを選びましょう。

子どもや女性に人気のエクストラライトゲージ

エクストラライトゲージ
出典元 Amazon.co.jpより
  • 弦の張りが柔らかく、子どもや女性に人気のゲージ
  • 張りが弱い分、音の鳴りも弱め
1~6弦の太さ
  • 1弦 → .008
  • 2弦 → .011
  • 3弦 → .014
  • 4弦 → .022
  • 5弦 → .030
  • 6弦 → .038

単位は全て「インチ」表記です

エレキギター弦の中で最も細いタイプで張る力も柔らかく弦を押さえやすいため、指の力が弱い女性や子どもにおすすめのゲージです。

ただし「ロングスケール」のネックに張ると弦の張力がやや緩くなってしまい、音の鳴りや抜けが悪くなることがあります

初心者におすすめのスーパーライトゲージ

スーパーライトゲージ
出典元 Amazon.co.jp
  • 弦の押さえやすさ、音の鳴りのバランスが取れたゲージ
  • 扱いやすく、初心者におすすめ
1~6弦の太さ
  • 1弦 → .009
  • 2弦 → .011
  • 3弦 → .016
  • 4弦 → .024
  • 5弦 → .032
  • 6弦 → .042

単位は全て「インチ」表記です

エクストラライトより少し太いタイプで、その分、音の鳴りや抜けも良い。

そのうえ張る力も比較的柔らかく押さえやすいので、初心者におすすめのゲージです。

スポンサーリンク

基準のライトゲージ

ライトゲージ
出典元 Amazon.co.jp
  • エレキギター弦の基準となるゲージ
  • 主にショート/ミディアムスケールのギターで使用される
1~6弦の太さ
  • 1弦 → .010
  • 2弦 → .013
  • 3弦 → .017
  • 4弦 → .026
  • 5弦 → .036
  • 6弦 → .046

単位は全て「インチ」表記です

エレキギター弦の中で最もポピュラーな太さで、工場出荷時のエレキギターに張られている弦は大体がライトゲージ。

一般的に標準的な長さのミディアムスケールのネック、またはやや短めのショートスケールにライトゲージの弦を張って、レギュラーチューニングして使用します。

基準のゲージだけあってバランスの良いサウンドでどんなギターにも合うため、初心者でどれを選べば良いか迷った時はとりあえずライトゲージを選ぶのもアリ。

ハードなジャンル向けのミディアムゲージ

ミディアムゲージ
出典元 Amazon.co.jpより
  • やや太めのゲージで初心者には押さえにくく感じるかも
  • ショート/ミディアムスケールのギターに張ると、ロック系のよりパワフルな音色に
1~6弦の太さ
  • 1弦 → .011
  • 2弦 → .014
  • 3弦 → .018
  • 4弦 → .028
  • 5弦 → .038
  • 6弦 → .049

単位は全て「インチ」表記です

ライトより少し太めのゲージで、低音域が太く強めのサウンドが特徴。

メタルやハードロックなどのジャンルで好んで使用されます。

ギターに張った時のテンションが高いため、弦を押さえるにはそれなりの力が必要です。初心者や指のに自信が無い人には窮屈に感じるかも知れません

また、フェンダー/ムスタング、ジャガーなどのショートスケール、レスポールなどのミディアムスケールのギターに張ると、程よいテンションでハリのあるサウンドが生まれます

ドロップチューニングでもパワフルなヘビーゲージ

ヘビーゲージ
出典元 Amazon.co.jpより
  • 最も太いゲージで、重厚感のある音色が特徴
  • 子どもや女性には押さえにくく感じるかも
  • フルアコ/セミアコ、メタルやハードロックなど特定のギターやジャンルで使用される
1~6弦の太さ
  • 1弦 → .012
  • 2弦 → .016
  • 3弦 → .020
  • 4弦 → .032
  • 5弦 → .042
  • 6弦 → .054

単位は全て「インチ」表記です

エレキギター弦の中で最も太いタイプで、柔らかいマホガニー材などのネックでレギュラーチューニングしようものなら変形してしまう恐れがあるほど高い張力のゲージ。

基本的にはセミアコやフルアコで使用されることが多いタイプで、ソリッドギターではダウンチューニングして使用します

太い弦のパワフルな振動による大音量と豊かなサスティンが特徴で、パワーコードやヘビーメタル系のジャンルと相性抜群

スポンサーリンク

おすすめのエレキギター弦

ERNIE BALL / Regular Slinky

ERNIE BALL / Regular Slinky
出典元 Amazon.co.jpより
  • エレキギター弦の定番
  • 初心者は迷ったらコレでOK

エレキギターを始めたばかりの人でも一度は見たことがあると思います。

馴染み深い黄色いパッケージの「アーニーボール レギュラースリンキー」はクセの無いハッキリとしたサウンドが特徴で、最も有名なエレキギター用のニッケル弦と言えます。

その扱いやすさにより、ポップスやブルース、ロック、カントリーなどジャンルを問わず世界中のプレイヤーが愛用しています。

初心者はどれを選んだらいいか迷ったらとりあえずこれを選んでおけば間違いありません

DADDARIO / EXL110

DADDARIO / EXL110
出典元 Amazon.co.jpより
  • アーニーボール レギュラースリンキーと並ぶ定番品
  • クセのない明るめの音色
  • ボールエンドが色分けされており、弦交換時の目印になる

「ダダリオ EXL 110」はアーニーボールのレギュラースリンキーと双璧を成す存在で、こちらもエレキギター弦の大定番として今なお、世界中のプレイヤーから絶大な支持を集めています

スタンダードなニッケル弦でレギュラースリンキー同様、クセが無い明るいサウンドときらびやかなトーンが特徴。

また、ダダリオの弦はボールエンド部分が1~6弦それぞれ色分けされており、弦交換の際に目印となります。

かつて筆者も初めて弦交換を行った時に、「あれ…?いまどこの弦を交換してたんだっけ?」という事態に陥り、非常に手間取った覚えがあります。

その点、色分けされているダダリオの弦は初心者にとって優しい仕様だと言えますね。

スポンサーリンク

PLAYTECH / EGS-0942

PLAYTECH / EGS-0942
出典元 サウンドハウスより
  • 激安のエレキギター弦
  • 予算を気にせず交換したい人、常に新品の弦を張りたい人におすすめ

特筆すべきはその価格にあり、レギュラースリンキーなどに比べて非常に安価で、そのうえニッケル弦らしい明るいサウンド、きらびやかなトーンをしっかりと併せ持つスグレモノ。

弦自体が少し短めのため、ジミヘンストラトのようなリバースネック(ネックの向きが異なる)仕様のギターだと6弦の長さが足りないことがありますので、お手持ちのギターのスペックをよく確認してくださいね。

コスパ最高の「EGS-0942」は初心者におすすめなのは勿論のこと、常に新品同様の美しいトーンを維持したいプロ思考のプレイヤーにこそ、おすすめのエレキギター弦です。

ギター弦は消耗品ですので、出来れば予算を抑えたいですよね。

phoenix / ニッケル弦 3セット

phoenix / ニッケル弦 3セット
出典元 amazon.co.jpより
  • amazonベストセラーのニッケル弦
  • 激安エレキギター弦でオマケまで付いている

なんといっても3セット分の弦で1000円以下ととにかく安いうえにピック、ギタークロスのオマケまで付属しているという破格ぶり。

アーニーボールやダダリオ弦の半額程度で買えるので、練習用ギターなどでとにかく安い弦が欲しい時におすすめです。

ラインナップはレギュラーライトとエクストラライトの2種類。

ELIXIR / NANOWEB コーティング弦

ELIXIR / NANOWEB コーティング弦
出典元 Amazon.co.jpより
  • コーティング弦の決定版
  • 弦交換頻度を抑えたい人におすすめ

エレキギター用コーティング弦と言えば、やっぱり「エリクサー」ですね。

弦表面のコーティングによって手汗や汚れを影響をほとんど受けず、ギター使用後にクロスで乾拭きするだけで半年近く錆びることなく、長期間使用出来るのが何よりの魅力

劣化しにくく、プロの方でもレコーディングやライブの際に愛用しているほか、弦交換に慣れていない初心者におすすめの弦です

D'Addario / XT コーティング弦

D'Addario / XT コーティング弦
出典元 Amazon.co.jpより
  • エリクサーよりもリーズナブルなコーティング弦
  • ダダリオ独自の素材を使用

ダダリオ独自の高炭素スチールを使用しており、エリクサーよりも安価ながら高い耐久性を誇るコーティング弦

ボールエンド部分の“フュージョンツイスト加工”により、弦の伸びや緩みによるチューニングのズレを低減します。

サウンドはコーティング弦独特のこもった感じはなく、明瞭できらびやかさがあります

コーティング弦を試してみたいけど、エリクサーは高いという人におすすめの弦です

完全オンラインのギター教室に通ってみませんか?

ギターを最速で上達したいなら

こんな悩みはありませんか?

  • なかなかギターが上達しない
  • ギターを教えてくれる人が近くにいない
  • でも教室に通うのは面倒だし、感染症が怖い

THE POCKETなら...

THE POCKET
THE POCKET

完全オンライン】ネット環境があれば、自宅などどこでもリラックスできる環境で受講可能!

THE POCKET
THE POCKET

マンツーマン指導】熟練の講師によるマンツーマン指導で上達が早い!

THE POCKET
THE POCKET

感染症リスク無し】教室内に密集することもないので、感染症に怯える必要はありません!

THE POCKET
THE POCKET

無料体験実施中】いまなら25分間の無料体験レッスン実施中!

タイトルとURLをコピーしました