ギターストラップの取り付けってどうやるの?正しい方法を解説

【エレキギター/ベース/アコギ】ストラップの正しい取り付け方!
スポンサーリンク

ギター/ベースストラップはエレキギターやアコースティックギター、エレキベースなどの楽器を安定した位置で固定するための重要なアイテムです。

初心者セットなどに付属していることも多いストラップですが、実際にストラップを手にしてみたものの意外と楽器への取り付け方が分からない人も多いです。

筆者も初心者時代、ストラップの取り付け方がよく分からずに当てずっぽうに取り付けたばかり、演奏中にエレキギターを落としたことがあります。

ストラップの正しい取り付け方を知らないばかりに、大切な楽器を傷付けてしまったら悲しいですよね。

今回の記事は、ギターストラップの正しい取り付け方について解説していきます。

※ エレキギターもエレキベースもストラップは同じ取り付け方ですので、ベーシストも安心してご覧下さい

※ ごく一般的なフェンダーのストラップを使って解説しますので、どのメーカーのストラップでも大体応用がききます

スポンサーリンク

【エレキギター/ベース】ストラップの取り付け方

ストラップを付けたエレキギターを弾く人

まず、基本的にストラップはギターやベースのネック側とボディ側にある2箇所の「ストラップピン」に取り付けて使用します。

手順とは言っても、このストラップピンに括り付けるだけですので、特別難しいことはありません。

※都合により、アコギの写真を使用しております。エレキギター/ベースでも同じ方法で取り付けられますので、ご了承下さい。

スポンサーリンク

手順①/ネック側のピンにストラップを付けよう

ギターのピンにストラップを取り付けると様子

※ 新品のストラップは硬くて取り付けにくいですが、力づくで押し込まず、ストラップを片手で引っ張りながら慎重に押し込みましょう

ピンにストラップが正しく取り付いている様子

※完全にストラップがピンに入ったらOK!

※ストラップがねじれていると、演奏中に外れる恐れがあります。必ず真っ直ぐに取り付けましょう

手順②/ボディ下側のピンにストラップを付ける

ギターのピンにストラップを取り付ける様子

※グリグリと左右に回しながら
押し込むと入れ易いです。

ギターのピンにストラップが正しく取り付いた様子

※しっかりと奥まで押し込みましょう。

正しくストラップが取り付けられたギター

これで無事に取り付けが完了しました!

※ストラップがねじれている場合は楽器を抱える前にねじれを解消してから抱えましょう。

スポンサーリンク

楽器の落下が不安なら「ストラップロックピン」を使う

ストラップを取り付け方を理解して正しく取り付けたとしても、100%落下を防止できる訳ではありません。

やっぱりギター/ベース演奏中の落下は心配ですよね。

大切な楽器に傷がついてしまったら、きっとショックで3ヶ月は立ち直れません。

どうしても落下させるのが怖いなら、「ストラップロックピン」という便利なアイテムがあります。

SCHALLER / S-Locks ストラップロックピン

SCHALLER / S-Locks ストラップロックピン
出典元 Amazon.co.jp

ストラップロックピンとは?

ストラップロックピンとは?

ロック機構がついた金具でピンをガッチリと固定するため、不意に楽器が落下する心配がほとんど無くなる便利アイテムです。

ピンの着脱はレバーを引いてロックを解除するだけで片手で簡単に行える扱いやすさ。通常のストラップより手軽なうえ、安全に行えます。

カラーバリエーションも豊富で、スタンダードなシルバー、高級感溢れるゴールド、シックなブラックなど、どのカラーも楽器にマッチする洗練されたデザインです。

スポンサーリンク

【アコギ】ストラップの取付け方

ストラップが付いたアコースティックギター

アコースティックギターはネック側のストラップピンが標準装備されていないモデルが多いです。

ネック側のストラップピンが無いアコースティックギターのストラップ取付け方を解説していきます。

手順①/ボディ下側のピンにストラップを付ける

ギターのピンにストラップを取り付ける様子

※エレキ編の手順②と同じ要領で行います。

グリグリと左右に回しながら
押し込むと入れ易い
です。

ピンにストラップが正しく取り付けられている様子

※しっかりと奥まで押し込んだら完了です!

手順②/ネックにストラップを取り付ける

ネックにストラップを付けたアコースティックギター
普段使いには不便ですが、やっぱりカッコイイ

※ストラップピンが無いタイプは、こんな風にネック先端付近にヒモをくくり付けて、ストラップを取り付けます

ギターストラップのヒモ

※ネックにくくり付けるための「ヒモ」は、ストラップを購入した時などに付属している場合があるコレです。

フックは付属していない場合もありますが、ヒモのみでも問題なく取り付けられます

ストラップのスリットにヒモを取り付ける様子

※フェンダーの「Fロゴ」の上にあるフックを、ストラップの切れ込み(スリット)に通します

※付属品がヒモ単体の場合はヒモをストラップの切れ込みに通します

ギターストラップのヒモをネックに取り付ける様子

ヒモをネックに取り付けていきます。

※ヒモを通す際、必ず弦の下側をくぐらせましょう。弦の上を通すとヒモが擦れて消耗したり、不自然な摩擦音が鳴ってしまいます

ギターのネックにストラップのヒモを結ぶ様子

ネックの裏側でヒモを結びます。

※結び方は固く結んであればちょうちょ結びでもなんでもOK

ストラップが正しく取り付いているアコースティックギター

これでストラップの取り付けが完了しました!

少し手間は掛かりますが、なかなかおしゃれな雰囲気ですね。

スポンサーリンク

ストラップの長さについて

ストラップの取り付け方が分かったところで、次は「ストラップはどれくらいの長さで使ったらいいの?」という疑問について解説します。

一般的には、「楽器を抱えた時に、楽器本体がおへその辺りの高さに合わせる」と良いと言われていますが、実際は人それぞれ弾きやすい高さやジャンルスタイルによって変わるので、特にこれといって決まりはありません。

念のため、目安となる高さを解説していきますね。

標準的な長さ

標準的なストラップの長さ

ロックやパンクバンドを見慣れている方には少し短く見えると思いますが、こちらが「楽器本体がおへその高さ」となる標準的な長さです。

楽器が程よい高さで腕や手首の動きを抑制しないため、パワーコードやソロフレーズなどなんでも万能に対応出来ます

初めてストラップを使う初心者におすすめのスタイルです。

ロック/パンク系は長め

ロック/パンク系はストラップが長め

ストラップを長めに使って楽器を低い位置で抱えるスタイルは、ロックやパンク系では標準になっていますね

このスタイルは「楽器本体が腰の高さ」になりやや左腕を伸ばした状態で手首を鋭角に返すフォームを必要とするため、慣れない人は弾きにくく感じます。

その分、右手の可動範囲は広く激しく振り下ろすような豪快なコードストロークやダウンピッキングといったプレイには有利で、パワーコード中心のロックやパンク系に適したスタイルと言えます

一方であまりにも長くしすぎると非常に窮屈で、プレイに支障をきたすため、演奏性とカッコ良さのちょうど良いバランスの高さを見つけましょう

ジャズ/メタル系などは短め

ジャズ/メタル系などはストラップが短め

ジャズやメタル系などテクニカルなフレーズを多用するジャンルにおいては、ストラップを短めにして楽器本体を高い位置で抱えるスタイルが一般的です

このスタイルは「楽器本体が胸に近い高さ」になり楽器がガッチリと固定され、座り姿勢/立ち姿勢いずれにおいても同じ位置関係で楽器を抱えられるため、より高度で安定したプレイを可能にします。

指板上のハイポジションにも手が届きやすく、ハイゲインなフレーズにバッチリ対応出来るのも大きなメリット。

また、脚が自由に動かせるため、ライブのステージ上で走り回るパフォーマンスを好む人にもおすすめのスタイルです。

スポンサーリンク

ストラップの向きについて

ギターストラップの向きについて
↑写真右側の取付け部分にうっすらと
フェンダーロゴが入っている

ストラップは上下の向きやどっちに取り付けるとか決まりはあるの?という疑問について。

結論から言うと、取り付け方向に決まりはありません

ただし、メーカーや種類によって上側取り付け部分にメーカーロゴが入っている場合があります

この場合は、ネック側ピンにロゴが刺繍された部分を取付けるのが一般的ですが、ストラップの着け心地などによって自由に取り付け方向は変えても大丈夫です

スポンサーリンク

完全オンラインのギターレッスンを受講してみませんか?

ギターを最速で上達したいなら

こんな悩みはありませんか?

  • なかなかギターが上達しない
  • ギターを教えてくれる人が近くにいない
  • でも教室に通うのは面倒だし、感染症が怖い

THE POCKETなら...

THE POCKET
THE POCKET

完全オンライン】ネット環境があれば、自宅などどこでもリラックスできる環境で受講可能!

THE POCKET
THE POCKET

マンツーマン指導】熟練の講師によるマンツーマン指導で上達が早い!

THE POCKET
THE POCKET

感染症リスク無し】教室内に密集することもないので、感染症に怯える必要はありません!

THE POCKET
THE POCKET

無料体験実施中】いまなら25分間の無料体験レッスン実施中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました