【2022年】ギターケースのおすすめ丨選び方や種類も解説

スポンサーリンク

大切なギターを持ち運ぶ時に必要不可欠なギターケース。

手軽に持ち運べるソフトケースから堅牢なハードケースまで種類が沢山あってどれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

ギターを裸の状態で持ち歩くのもワイルドでカッコイイですが、もしギターを落としてしまったり雨に降られてしまったら、大切なギターが壊れてしまいます。

そんな事態を防ぐため、外に持ち出す時はギターケースの使用を推奨します。

そこで今回の記事では、ギターケースに関する以下の内容について解説していきます。

  • ギターケースを選び方は?
  • ギターケースってどんな種類がある?
  • おすすめのギターケースは?
スポンサーリンク

ギターケースを選び方は?

まずはギターの形状やサイズをチェック

色々な形状のギター

ギターケースは大前提として、ギター本体の形状やサイズに合うケースを選ばないといけません。

例えば、「ストラトキャスター」と「レスポール」ではボディの形状が大きく異なるため、対応するケースも異なる場合があります

「フライングV」や「モッキンバード」など特殊な形状を持つ、いわゆる「変形ギター」には専用のケースが必要な場合が多く、どんなケースでもOK、という訳にはいきません。

ちなみにアコギとエレキギターもボディの厚みが全く異なるので、アコギなら「アコースティックギター用ケース」を、エレキギターなら「エレキギター用ケース」から選びましょう。

またボディ形状だけでなく、ネックの長さ(スケール)にも注意しましょう。

ギターはメーカーやモデルによってロングスケール(ネックが長い)ショートスケール(ネックが短い)と言った違いがあり、「ギターケース買ったけどギターヘッドが収まりきらない!」なんて事にならないよう、ネックの長さにも留意しましょう。

以上のポイントをまとめると、

  • ギターのサイズ、ネックの長さをケースの寸法が上回っているか
  • アコギ、エレキギターそれぞれ対応したケースを選ぶ
  • 変形ギターなど特殊な形状のギターは専用のギターケースを選ぶ

これらをしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

耐水性をチェック

雨が降っている街並み

ギターを徒歩や自転車・バイクなどの手段で持ち運ぶ時は、突然の雨に注意しなければいけません。

万が一、大切なギターが濡れてしまうと、アコギの場合はカビが生えたりエレキギターの場合は電子部品が故障してしまう恐れがあります。

屋外に持ち運ぶ機会が多い人は、突然の雨に備えて耐水性の高いタイプか、防水シート付きのギターケースを選びましょう。

収納容量をチェック

ポケットの収納

ギターケースはメーカーや種類によってポケットの数や大きさが異なります。

ギターを持ち出す時はアクセサリーなどの小物も一緒に持ち出す場合がほとんどですので、あまり収納出来ないギターケースを選んでしまうと、ギターケースのほかに小物用ケースを持つ羽目になり、余計なお金がかかるばかりか移動時の負担にもなってしまいます

シールドやチューナー、カポタスト、楽譜、予備の弦など自分が収納したい物の数や大きさに合わせて適切な収納容量のギターケースを選びましょう。

スポンサーリンク

ギターケースの種類について

ギターケースは基本的に、ギターを家からカラオケやスタジオ、ライブ会場など外へ持ち運ぶ時に使用します。

その持ち運ぶ時の「移動手段」によって適したギターケースを選択する必要があります。

最も持ち運びやすいソフトケース

持ち運びやすいソフトケース
出典元:amazon.co.jpより

ソフトケースはギターケースの中では最も軽くて手で持ち運びやすいため、徒歩での移動に向いているタイプです。

ほかのタイプと比べて安価で、近場への持ち出しなど簡易的なギターケースを探している人にピッタリ。

一方でシンプルな構造ゆえ生地は大変うすく耐衝撃性に乏しいため、大切なギターをしっかりと保護したい人には向きません

持ち運びやすさと耐衝撃性を兼ね備えたギグバッグ

持ち運びやすさと耐衝撃性を兼ね備えたギグバッグ
出典元 Amazon.co.jp

ソフトケースの持ち運びやすさに加えてギターをしっかりと保護する耐衝撃性を兼ね備えた良いとこ取りなギターケース。

リュックサックのような肩ひもが付いている為、非常に使い勝手の良く、ギターケースの中では最も使っている人が多いタイプ

ソフトケースと比べてポケットの数が多いものが一般的で、ギター用のストラップ・チューナーなどアクセサリーを複数収納出来るほか、見た目のバリエーションも豊富で、デザインにこだわる人にもおすすめです。

徒歩、自転車やバイク、車などどんな移動手段でも万能に使用出来るのが強み。

ソフトケースでの持ち運びは不安だけどハードケースは重くて持ちにくいという人や、外に持ち出すか分からないけど、とりあえずしっかりしたギターケースが欲しい人におすすめのタイプです。

スポンサーリンク

更に耐衝撃性を強化したセミハードケース

耐衝撃性を強化したセミハードケース
出典元:amazon.co.jpより

ギグバッグよりも更に耐衝撃性を強化したタイプ。

ハードケース並みにしっかりとギターを保護出来るうえ、ギグバッグのように持ち運びに便利な仕様で自転車やバイク、電車などの移動手段で使いやすいです。

一方でソフトケースやギグバッグに比べてそれなりの重さがあるので、身軽さを重視したい人は避けた方が無難でしょう。

ギグバッグでは耐衝撃性に不安があるけど、ハードケースは持ち運びたくない人におすすめ。

最も強固だが最も持ち運びにくいハードケース

最も強固だが最も持ち運びにくいハードケース

最も耐衝撃性に優れたタイプで、大切なギターを確実に保護してくれます。

一方、ケース本体が木や強化プラスチックなどで作られているものが一般的で非常に重く、ギグバッグのように背負うことも出来ないため、徒歩での持ち運びは困難を極めます。

車に積んでの移動や、電車での移動時、自宅での厳重な保管に適したギターケースです。

余談ですが、ライブ会場やスタジオへギターを持ち込む時にハードケースを使うと、プロのギタリストみたいでカッコイイというメリットも。

スポンサーリンク

おすすめのギターケース

ここからは実際におすすめのギターケースを紹介していきます。

安価なソフトケースから頑強なハードケースまでそれぞれのニーズやお手持ちのギターにきっと合うギターケースを紹介していきますので、参考にしてみてください。

CAHAYA / CY シリーズ ギグバッグ

CAHAYA / CY シリーズ ギグバッグ
出典元:amazon.co.jpより
タイプギグバッグ
ラインナップエレキギター/ベース/
アコギ/クラギ用
実売価格¥3000ほど

amazonベストセラー1位の実績を誇るギグバッグです。

ギグバッグの中ではかなり低価格で、3000円以下とは思えないほど優れた耐久性と大容量の収納を兼ね備えており、抜群のコスパを誇ります

加えてラインナップも豊富で、エレキギター、ベース、アコギ、クラシックギター用まで展開。

ソフトケースでは保護性能が不安だけど、セミハードケースは高くて買いたくない、なるべく予算を抑えたい人におすすめのシリーズです。

SKB / SCシリーズ ギター用セミハードケース

SKB / SCシリーズ ギター用セミハードケース
出典元 サウンドハウスより
タイプセミハードケース
ラインナップストラト/テレキャス/
レスポール/フライングV/
ファイアーバード/エレキベース/
アコギ/クラギ用
実売価格¥10000~

ハミングバードやJ-45などドレッドノート(大きめでくびれが少ないボディを有するアコギの総称)アコースティックギターのほか、ES-335、ES-175などのセミアコ/フルアコなども収納出来るセミハードケース。

ストラト/テレキャスターやレスポールを収納出来るタイプもあり、ラインナップも充実しています。

「SKB」は楽器や機材用のケースなどを手掛けるアメリカの有名なケースメーカーで、楽器用だけでなく軍事、工業、医療用といった厳しい現場で使用されている実績と確かな品質を誇る、技術力に優れたメーカーです。

その品質はこのギターケースも例外ではなく、ハードケースに負けず劣らずの強固な保護性能を持ちながら、ギグバッグのような持ち運びやすさを兼ね備えています

ギグバッグでは保護性能に不安があるけど、ハードケースは持ちたくない人におすすめです。

スポンサーリンク

キョーリツ / EV シリーズ ソフトケース

キョーリツ / EV シリーズ ソフトケース
出典元:amazon.co.jpより
タイプソフトケース
ラインナップエレキギター/ベース/
アコギ/クラギ用
実売価格¥1500ほど

非常にシンプルな構造のソフトケースで軽量かつ、ショルダーストラップ付きで手軽に持ち運べる仕様になっています。

ソフトケースの中でも大変安価で、初心者でも手が出やすいものの、保護性能が犠牲になっている点には注意が必要です。

徒歩で移動する機会が多い人にはおすすめのギターケースです。

エレキギター用のほかにも、エレキベースやアコギ、クラシックギター用のケースも展開しており、充実したラインナップも魅力ですね。

Musent / MSGBSEG1500 エレキギター用 防水ギグバッグ

Musent / MSGBSEG1500 エレキギター用 防水ギグバッグ
出典元:amazon.co.jpより
タイプ防水ギグバッグ
ラインナップエレキギター/ベース用
実売価格¥6000ほど

高い防水性能を誇る止水ファスナーと撥水性に優れた素材を採用しており、突然の雨に降られてしまっても大切な楽器を故障のリスクから守ってくれます

ケース本体は非常に軽く、徒歩での移動も楽々出来るうえ収納性にも優れており、必要なアクセサリー類をまとめて持ち出すことが出来ます

屋外への移動機会が多い人や主に徒歩や自転車での移動手段が多い人におすすめのギターケースです。

スポンサーリンク

FENDER / Fシリーズ ギグバッグ

FENDER / Fシリーズ ギグバッグ
出典元 Amazon.co.jp
タイプギグバッグ
ラインナップストラト/テレキャス/
ジャズマスター/ジャガー/
エレキベース/アコギ用
実売価格¥6000~

スタイリッシュな左右非対称の形状が特徴のギグバッグで、ストラトキャスターやテレキャスターなどのギターを収納することが出来ます。一応、PRSやムスタング、レスポールなども入るようです

600デニール(糸の太さを示す単位/数値が大きいほど太く、強固になる)のポリエステル素材を使用した外装と、厚さ20mmのマイクロファイバーを使用した肌触りの良い内装で、大切なギターをしっかりと保護します。

底面のバンパー部分により、ギグバッグを下ろした時の衝撃まで吸収のも嬉しいポイント。

人間工学に基づいて設計された肉厚のハンドルとショルダーストラップで、持ち運ぶ際の負担を最小限に抑えるため、徒歩や自転車、バイクでの移動も快適に出来ます。

収納もバッチリ完備で、大容量ポケットの中には予備弦を入れるスペースからピック用のポケットまで様々なアクセサリーをまとめて入れることが出来ます

大容量の収納と快適な移動性、耐衝撃性どれもおろそかにしたくない人におすすめの最強ギグバッグです

Ibanez / IGB541シリーズ エレキギター用ギグバッグ

Ibanez / IGB541シリーズ エレキギター用ギグバッグ
出典元 Amazon.co.jp
タイプギグバッグ
ラインナップエレキギター用/
カラーバリエーション豊富
実売価格¥6000ほど

ギターを持ち運ぶためのケースとはいえ、その日の気分やファッションに合うおしゃれなデザインで選ぶのもひとつの選択肢です。

個性と遊び心」がコンセプトの「IGB541シリーズ」は外に持ち出すのが楽しくなるおしゃれなデザインと豊富なカラーバリエーションが特徴のギグバッグ

おしゃれなだけでなく、アクセサリーを入れる収納スペースも確保されており、機能性も十分。

一方で、耐衝撃性に関してはさすがにセミハードケースより劣るものの、必要十分と言ったところ。

ほかの人と同じデザインのギターケースは嫌な人や、ギターケースもファッションに合わせておしゃれしたい人におすすめです

GATOR / Deluxe Wood Series GW ハードケース

GATOR / Deluxe Wood Series GW ハードケース
出典元 Amazon.co.jp
タイプハードケース
ラインナップストラト/テレキャス/
ジャガー/ジャズマスター/
レスポール/SG/PRS/
フライングV/セミアコ/エレキベース/
アコギ(ジャンボ、ドレッドノート)/クラギ用
実売価格¥10000~

ビンテージ風のデザインで、非常にカッコイイハードケースです。

良質な木材で作られており、保護性能はほかのタイプのギターケースよりも格段に高く、自宅での保管や車での輸送用に適しています

「Deluxe Wood Series」の魅力はなんといってもそのラインナップの豊富さにあります。

ブラックやブラウンなどカラーバリエーションのほか、様々な形状のギターに対応しており、ストラト/テレキャスター、ジャガー/ジャズマスター、レスポール、PRS、セミアコ、SG、フライングV用まで幅広く展開されています

大切な楽器を車で長距離移動する機会がある人や自宅で厳重に保管しておきたい人におすすめです

スポンサーリンク

ほかのギターアクセサリーはこちら

スポンサーリンク
ギターを最速で上達したいなら

こんな悩みはありませんか?

  • なかなかギターが上達しない
  • ギターを教えてくれる人が近くにいない
  • でも教室に通うのは面倒だし、感染症が怖い

THE POCKETなら...

THE POCKET
THE POCKET

完全オンライン】ネット環境があれば、自宅などどこでもリラックスできる環境で受講可能!

THE POCKET
THE POCKET

マンツーマン指導】熟練の講師によるマンツーマン指導で上達が早い!

THE POCKET
THE POCKET

感染症リスク無し】教室内に密集することもないので、感染症に怯える必要はありません!

THE POCKET
THE POCKET

無料体験実施中】いまなら25分間の無料体験レッスン実施中!

タイトルとURLをコピーしました