【2022年】レスポールのおすすめ丨初心者向けから国産モデル、本家ギブソンまで

【2022年】レスポールのおすすめ!初心者向けから国産、本家ギブソンまで
スポンサーリンク

安くて初心者におすすめのレスポールって無いのかな?」

レスポールが欲しいけど、種類が多くて選び方が分からない

この記事はそんな人に向けて書いています。

レスポールは、やや重量のあるモデルが多いものの、ひょうたんのような愛らしいボディシェイプと他に類を見ないパワフルで甘い音色が特徴。

さまざまな音楽ジャンルで万能に活躍する、初心者から中・上級者までおすすめのエレキギターです。

しかし、ひとくちにレスポールと言っても種類は様々で、モデルやグレードによってサウンドや見た目などが大きく異なるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、今回の記事は以下の内容について解説していきます。

  • レスポールとはどんなギターか
  • レスポールの選び方
  • おすすめのレスポール(低価格、初心者向けモデル/国産モデルも)

この記事を読むと、ギブソン・レスポールの特徴や種類、レスポールの選び方が分かります。

スポンサーリンク

レスポールとはどんなギター?

レスポール

「レスポール」は老舗ギターメーカーのGibson (ギブソン) 社が展開しているエレキギターのみを指し、それ以外のメーカーから販売されているモデルは「レスポールタイプレスポールモデル」と呼び分けられています。

レスポールはアメリカのギタリスト「レス・ポール氏」のシグネチャーモデルで、1950年代に初めてレスポールギターがデビューして以来、現代までフェンダー社のストラトキャスターや、テレキャスターと並んでエレキギターの定番モデルとして世界中のプロ、アマチュアギタリストから愛され続けています。

ギブソン・レスポールって初心者のうちから使っていいの?

結論、ギブソン・レスポールは初心者のうちから使っても全然大丈夫です!

ギブソン・レスポールの相場は10万〜30万ほどとかなり高価ですが、その分作りはしっかりとしていて安物のレスポールよりも弾きやすく、音もパワフル。

本格的にエレキギターにチャレンジしたい

せっかく買うなら、一生モノのエレキギターが欲しい

という初心者には、ギブソン・レスポールが非常におすすめです。

スポンサーリンク

レスポールの選び方は?

レスポール

結論、レスポールの選び方で大事なポイントは以下の三点です。

  • 種類で選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • メーカーで選ぶ

ひとくちにレスポールと言っても多種多様で、グレードやモデルによって価格やデザイン、サウンドが大きく異なり、ギブソン社以外のメーカーからも本家レスポールを模したコピーモデルが多数販売されています。

ここでは、膨大な数が存在するレスポール (タイプ) の中から、おすすめのレスポールの選び方について解説していきます。

レスポールの種類で選ぶ

レスポールには大きく分けて以下の5種類があります。

  • レスポール・スタンダード
  • レスポール・カスタム
  • レスポール・ジュニア
  • レスポール・スペシャル
  • レスポール・デラックス

長い歴史を持つレスポールは、時代やニーズに沿った様々なモデルが登場しています。

ここからはレスポールの種類とそれぞれの特徴をチェックしていきましょう。

一番人気の「レスポール・スタンダード」

レスポール・スタンダード
出典元:amazon.co.jpより

レスポール・スタンダード」は王道、かつ伝統的なレスポールが欲しい人におすすめです。

レスポールの標準器であるレスポール・スタンダードは、レスポールの中でもっとも人気のモデルですが、発売当初は「レスポール」として販売されていました。

のちに上位モデルの「レスポール・カスタム」や下位モデル「レスポール・ジュニア」などのモデルが登場したことにより、レスポール・スタンダードと呼ばれるように。

ゴージャス仕様な美しいデザインの「レスポール・カスタム」

黒のレスポール・カスタム
出典 イケベ楽器より

「レスポール・カスタム」は、ひときわ異彩を放つ見た目で差をつけたい人におすすめ

レスポール・スタンダードの上位モデルとして登場したレスポール・カスタム

代名詞ともいえる黒のツヤツヤとした美しいボディにひときわ目を惹くゴールドパーツ、華やかなバインディングやダイヤモンドインレイなど、スタンダードに比べて高級感溢れるデザインになっています。

タキシードに合うエレキギターというコンセプトのもと作られたレスポールで、ゴージャスでありながら落ち着いた雰囲気が魅力ですね。

スポンサーリンク

シャープなサウンドの「レスポール・ジュニア」

レスポール・ジュニア
出典元:amazon.co.jpより

「レスポール・ジュニア」は、スタンダードと全く異なるエッジの効いたシャープなサウンドがロックのジャンルで評価され、現在ではロックギターの定番としての地位を不動のものにしています

レスポール・ジュニアはレスポール・スタンダードの下位モデルとして登場したシリーズで、学生でも手が届くように全て既存のパーツを使用したり、ピックアップの数を減らす、ボディを縁取るバインディング加工、ボディトップのアーチ加工を廃止するといったコストダウン設計されたレスポール

実際にはレスポール・スタンダードの下位モデルというより別のサウンドキャラクターのエレキギターとしての位置付けで、そのサウンド特性からギターボーカルや伴奏向けとして人気のレスポールです。

多機能なジュニア、「レスポール・スペシャル」

レスポール・スペシャル
出典元:amazon.co.jpより

レスポール・ジュニアのシャープなサウンドに加え、より多彩なサウンドが欲しい人には「レスポール・スペシャル」がおすすめ

レスポール・ジュニアのアップグレード版として登場したレスポール・スペシャルですが、ジュニアとの違いはピックアップをフロント / リアに2基搭載している点で、サウンドバリエーションが豊富になったことによりレスポール・スタンダード同様の多機能性を実現しています。

レスポール・ジュニアのシャープなサウンドは健在なので、レスポール・ジュニアが好きだけど、もっと万能なサウンドが欲しい人におすすめのモデル

安くて手に入れやすい「レスポール・トリビュート」

低価格なレスポール・スタジオ
出典元:amazon.co.jpより

レスポール・スタンダードが欲しいけど、出来るだけ予算を抑えたい人は「レスポール・トリビュート」がおすすめ

レスポール・スタンダードの基本設計をベースに、バインディングなど装飾を廃止することでコストを抑え、レスポール・スタンダードの太くパワフルなサウンドはそのままに、手に入れやすい価格を実現したモデルです。

当初レスポール・スタンダードの廉価版として登場したレスポール・ジュニア/スペシャルは、構造やピックアップがそれぞれ異なり、別のサウンドキャラクターを持つモデルとして定着していますが、レスポール・トリビュートは実質的なレスポール・スタンダードの入門モデル(エントリーモデル)として位置付けられています

スポンサーリンク

レスポールの予算(価格)で選ぶ

お金

レスポールの予算(価格)は、一般販売されている個体ならだいたい「2万円~20万円」と言ったところ。

レスポールは歴史が長い分、発売当初に製造された古い個体や杢目(もくめ)の質が良い個体などはヴィンテージギターとして高値で取引されることもしばしば。

なるべく格安なレスポールが欲しいなら、2万円ほどでアリアプロやプレイテックといったメーカーのレスポールが買えます

本格的で高品質なレスポールが欲しいなら、10万円以上の予算を確保すれば、トーカイやギブソンなど主要メーカーのレスポールが手に入ります

アリアプロやプレイテック、トーカイなどのメーカーはこのあと詳しく解説します

メーカーで選ぶ

ギブソン (またはエピフォン) 以外にも、優れた品質のレスポールタイプを展開しているメーカーは多数存在します。

買うなら絶対にギブソン・レスポールじゃないと嫌だ

と考える人にとっては邪道かもしれませんが、ギブソンより安価で入手出来る、高いクオリティを再現しつつメーカー独自の技術やサウンドを盛り込んだモデルもあり、好んでギブソン以外のメーカーのレスポールタイプを愛用する人もたくさん居ます

レスポールの選択肢として視野に入れておくと、思いのほか低予算でカッコイイレスポールに出会えるかもしれませんよ。

ここからは、ギブソン以外のおすすめレスポールメーカーを紹介します。

ブリッツ・バイ・アリアプロ・ツー(BLITZ by Aria Pro II)

Blitz by Aria pro II のギターヘッド
出典 サウンドハウス

ギブソン廉価ブランドのエピフォンよりも低価格のため、なるべく予算を抑えたい初心者や学生におすすめのブランドです。

ブリッツ・バイ・アリアプロ・ツー」は荒井貿易株式会社が保有するエレキギターブランドで、初心者でも手を出しやすい価格の入門モデルを主に展開。

レスポール・スタンダード、カスタムの仕様を低価格で実現した品質の良いコピーモデルが特徴です。

トーカイ(TOKAI)

トーカイのギターヘッド
出典元: サウンドハウスより

ギブソンをこえる品質の国産レスポールタイプが欲しい人は「トーカイ」がおすすめ

トーカイは静岡県に本拠を置く「東海楽器製造株式会社」の自社ブランドでオリジナルモデルのほか、ストラトキャスターやレスポール、ES-335など様々なコピーモデルのエレキギターを手がけています。

「ヴィンテージシリーズ / プレミアムシリーズ」といった上位モデルは国内でハンドメイドされており、ギブソンを超えるほどのクオリティを実現しています

なかでもレスポールタイプの評価が非常に高く、海外でも「トーカイといえばレスポール」と謳われるほど。

スポンサーリンク
ギターを買い替えるなら、出張買取サービスで高価買取がおすすめ

ギブソン・レスポールのおすすめ

Gibson / Les Paul Standard 50s

Gibson / Les Paul Standard 50s
出典元:Amazon.co.jpより

本物のレスポールにしか味わえない風格、ハイエンドな1本が欲しいなら、レスポールファンが一度は憧れる王道の「レスポール・スタンダード 50s」以外には考えられません。

メイプルトップ / マホガニーバックを合わせたボディで、「いつかはギブソン・レスポールが欲しい」という憧れを体現した伝統的なレスポールを感じさせる面持ちです。

マホガニー材のネックは、適度なグリップ性を持った「50sスタイルネック」を採用しており、快適な演奏性を実現

ピックアップは、往年のレスポールファンから評価の高い「Burstbucker」をフロント / ネックに装備しており、細かなニュアンスやピッキングまで繊細に表現します。

弾きやすさや洗練された見た目の美しさ、サウンドなど全てにおいて、他メーカーや廉価版のレスポールとは一線を画すクオリティ

眺めてるだけでもニヤニヤしてしまいそうな至高のレスポール、あなたのその手で体感してみてください。

あまり店頭では見かけないので、買うなら今がチャンス!

Gibson / Les Paul Studio

Gibson / Les Paul Studio
出典元:amazon.co.jpより

ギブソンのレスポール・スタンダードが欲しいけど、もう少し安いほうがいい

でも、レスポール・スタンダード本来のサウンドは妥協したくない

値段もサウンドもゆずれないあなたには、「レスポール・スタジオ」がおすすめ。

レスポール・スタジオはレスポール・スタンダード本来のサウンドやクオリティを持ちつつ、価格をおさえて快適に演奏出来る改良を施した高コスパなレスポールです。

白く縁取られた美しいバインディングのローズウッド指板と、レスポール特有の太いネックとは異なるスリムテーパー仕様のマホガニーネックを採用したことにより、握りやすく、快適な演奏性を実現。

また、往来のレスポール特有のパワフルなハムバッカーサウンドにくわえコイルタップ機能によって、ストラトキャスターのような多彩な音作りが可能に

レスポール本来の持ち味を踏襲しつつ、多機能で弾きやすいレスポールが欲しい人におすすめ。

スポンサーリンク

Gibson / Les Paul Junior

Gibson / Les Paul Junior
出典元 Amazon.co.jp

フェンダー・テレキャスター顔負けの鋭いサウンドを持ったレスポールを探しているなら、ギブソン・レスポールジュニアで間違いありません。

発売当初は学生や初心者向けモデルとしての位置付けでしたが、いまやロックサウンドの定番モデルとなったレスポール・ジュニア。

現在もレスポールジュニアを愛用している日本のロックミュージシャンは多く、BUMP OF CHICKENの藤原基央やASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文などが有名です。

1950年代のクラシックなデザインはそのままに再現しており、レスポールではおなじみのシングルカッタウェイのマホガニーボディに、ドッグイヤータイプのP-90ピックアップを搭載。

コントロールも非常にシンプルで、1ボリューム/1トーンと扱いやすい作りになっているほか、レスポールならではの太めのネックが、シャープでキレのあるサウンドを生み出します。

バンドでギターボーカルをやる人には特におすすめで、シャープなサウンドと見た目のレスポールジュニアを担げば、ステージで注目を浴びることは間違い無いでしょう。

Gibson / Les Paul Tribute

Gibson / Les Paul Tribute
出典元:amazon.co.jpより

レスポール・スタンダードがどうしても欲しいけど、ちょっと高くて手が出せないな……

という人は、レスポール・トリビュートがおすすめ。

レスポール・トリビュートは、レスポール本来のパワフルなサウンドを持ちながら、バインディング加工などを廃止してコストダウンを図り、低価格を実現したモデルです。

伝統的なレスポール仕様のメイプルトップにマホガニーバッグという組み合わせに、サテンフィニッシュ塗装が施してあり、レスポールの王道カラーを再現。

ピックアップはレスポールファンの人気も高い「490R / 490T」をフロントとリアに装備しており、レスポールらしいパワフルなサウンドが魅力。

なるべくリーズナブルな価格で本物のギブソンレスポールが欲しい人におすすめです。

スポンサーリンク

レスポールタイプのおすすめ【低価格モデル】

Epiphone / Les Paul Standard

EPIPHONE / Les Paul Standard
出典元:amazon.co.jpより

エピフォンはギブソン傘下のブランドですので、レスポールタイプではなく、より低価格で本物のレスポールが欲しい人におすすめです

レスポールの代名詞とも言える美しいボディの杢目とサンバーストカラーが特徴的な、エピフォンのレスポール・スタンダード。

ギブソン・レスポールよりも安価ながら、引けを取らないクオリティに仕上がっています。

学生でもおこづかい貯めたりバイト代で十分買える値段なので、レスポールデビューにおすすめの一本です

BLITZ BY ARIAPRO II / BLP450 レスポールタイプ

BLITZ BY ARIAPROII / BLP450
出典 Amazon.co.jp

レスポールは重いってよく聞くけど、軽いレスポールってないのかな?

そんな人には、「BLITZ BY ARIAPRO II / BLP450」がおすすめ。

レスポールタイプにしては軽量のモデルで、総重量は約 3kg ほど。

一般的なレスポールが 5kg ほどといわれているので、初心者はもちろん女性でも少ない負担で演奏が楽しめます

サウンドは2基のハムバッカーが、レスポールらしい甘くパワフルな音色を再現しています。

軽量のレスポール、低価格なレスポールタイプが欲しい人、レスポール好きな中・上級者の練習用としてもおすすめです。

PLAYTECH / LP400 レスポールタイプ

PLAYTECH / LP400
出典 Amazon.co.jp

どのメーカーよりも格安で品質の良いレスポールが欲しいなら、「PLAYTECH(プレイテック) / LP400」で間違い無し。

千葉県に本拠を置く「株式会社サウンドハウス」の自社ブランドで、なんと価格が2万円でお釣りが来る程度という驚きの安さ

それでいて全体的な作りはしっかりしているうえ、サウンドもレスポールらしいファットでクリーンなサウンドが再現されています。

レスポールが好きな初心者はもとより、趣味にあまりお金を使えない学生にもおすすめの1本

スポンサーリンク

レスポールタイプのおすすめ【国産】

TOKAI / LS136F レスポールタイプ

TOKAI / LS136F
出典 Amazon.co.jp

日本が誇る高い技術力を持つギターメーカー「トーカイ」の、純国産レスポールの決定版といっても過言ではない「TOKAI / LS136F」。

上でも紹介した「東海楽器製造株式会社」の自社ブランド「TOKAI」が手掛けるヴィンテージシリーズのレスポールタイプで、木材の選別まで日本のクラフトマンが行っており、組み立てに至っては全て徹底してハンドメイドしています

メイプルトップにマホガニーバッグという伝統的なレスポールを再現した組み合わせながら、ピックアップにはトーカイオリジナルハムバッカーの「PAF Vintage MK-2S」を搭載しており、本家に匹敵するサウンドとクオリティを実現しています

日本製の高品質なレスポールタイプが欲しい人には間違いなくおすすめの1本です。

FUJIGEN(フジゲン)/ NLCシリーズ レスポールタイプ

FUJIGEN / NLCシリーズ
出典元 楽天市場より

シックで大人な雰囲気のかっこいいレスポールが欲しい

スーツや学生服のような、ビシッとした格好に合うエレキギターが欲しい

という人は、「FUJIGEN(フジゲン)/ NLCシリーズ」のレスポールタイプがおすすめ。

「FUJIGEN」は老舗ギターメーカー「フジゲン株式会社」の自社ブランドで、高品質、高性能なうえにリーズナブルな価格で手に入ると、初心者からプロまで幅広く支持されているブランドです。

NLCシリーズは定番のローズウッド指板にくわえ、メイプルトップとマホガニーバッグを合わせたボディに、白の美しいバインディングを施してあり、渋く落ち着いた雰囲気になっています。

また、コイルタップ機能によりハムバッカーのサウンドだけでなく、シングルピックアップとして使用する事も可能で、音作りや表現の幅が大きく広がります

結婚式の余興や文化祭などでスーツ、学生服を着てNLCシリーズ レスポールを担げば、あまりの紳士的な出で立ちに、女性からの誘いが後をたたないでしょう(嘘)。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、

  • レスポールとはどんなエレキギター?
  • レスポールの選び方
  • おすすめのレスポール(低価格、初心者向けモデル/国産モデル)

以上のテーマについて解説しました。

エレキギターは、歳をとってからも長く続けられる楽器で、大事にあつかえば今後20年、30年とそれよりも長く人生を共にするかもしれないパートナーといえます。

値段だけ見るとすごく高額に感じるかもしれませんが、長めで見ればそう高い買い物ではありません。

この記事を通して、長く寄り添える最高のパートナーと出会える人が増えたら幸いです。

また、長くギターを続けるには、ギターが上手な人に指導してもらったり、刺激を受けることが大事です。

オンラインギターレッスンで新しい事にチャレンジしてみませんか?

以下の記事で、レスポールにもおすすめの弦やギターアンプ、ギターケースなどを紹介しています

せっかくのかっこいいレスポールも、持ち味を活かせる相棒が居ないと本領を発揮できませんよ。

新しいギターを買うにあたって、

以前使っていたギターを売って、新しいギターを買うための資金にしようかな?

と考えている人は、大手楽器店よりも高額買取実績のある「ギターの出張買取」がおすすめです。

ギターを買い替えるなら、出張買取サービスで高価買取がおすすめ

こんな悩みはありませんか?

  • 新しく楽器/機材を買うから古い楽器や機材を売りたい
  • 重いし、数が多いから店舗に持っていくのが大変
  • なるべく高値で売りたい
  • すぐに現金化したい
  • 傷や破損があって処分に困っている

楽器の買取屋さんなら...

楽器の<br>買取屋さん
楽器の
買取屋さん

【業界最速】最短30分で

出張査定出来る!

電話1本最短30分で楽器専門スタッフが到着。手続きから支払いまでスピーディーに対応してくれます。しかも出張・査定などに掛かる費用は全て無料

楽器の<br>買取屋さん
楽器の
買取屋さん

【楽々買取】出張買取なら重たい機材を運ばなくて済む

重たい/数が多い機材を店舗で売ると重労働だし、ガソリン代も掛かる...

「楽器の買取屋さん」なら出張買取対応で専門スタッフが駆け付けてくれるので、重たい機材を運ばなくてOK!

楽器の<br>買取屋さん
楽器の
買取屋さん

【即日現金】査定金額に納得出来れば、その場で現金化!

楽器や機材をその場ですぐ査定し、査定金額に納得すれば即日その場で現金化可能です。

急な出費で現金が必要になった時に即現金化出来るのは嬉しいですよね。

楽器の<br>買取屋さん
楽器の
買取屋さん

【キズ/汚れ/破損OK】傷や汚れ、破損していてもちゃんと買い取ってくれる!

リサイクルショップや大手楽器店で買い取ってくれなかった「キズ・汚れあり、付属品無し、破損あり」など訳あり楽器や機材も、「楽器の買取屋さん」ならしっかりと査定して買い取ってくれます。

タイトルとURLをコピーしました